ロードハッカーズブログ

自転車チーム『ロードハッカーズ』のブログ

ロードバイク業界を5年前と比較してみる

拙者がロードバイクを購入したのは2014年。

5年ほどで業界がいろいろ変わった。

2014年当時を振り返ると見かけなくなったものがいろいろあることに気づいた。

2019年と比較して振り返ってみると面白そうなのでまとめてみた。

なお、完全に印象、イメージなので悪しからず。

文中には印象、とか気がする、とか曖昧な表現が散見しますのでご了承を。

 

キャノンデール supersix evo

f:id:kyaora55:20190519111918j:image

2014年ごろ、ヒルクライムレースの定番は間違いなくsupersix evoだった。

(印象だけだけど、続くのがaddictのイメージ)

いまでも見かけるが、レース会場、サイクリングロード、街中いずれもに数を減らしている気がしてならない。

2016年にモデルチェンジするもエアロ化なし、外出しシフトワイヤーとか相変わらずの独自路線の割にフレーム重量は微増で軽量厨の買い替えを誘わなかったのか。

(乗り味の評価は高く、個人的には外出しワイヤー賛成なのでノーマルmodverは欲しい。)

後発のemondaやyonexあたりに軽量フレームのシェアを食われている気がする。

とは言っても一番の理由はサガンというスターを失ったことだと思う。

サガンが移籍してからプロチームはグランツールで完全な背景になり迷走、解散危機などレース外で話題になってしまった。

緑のイメージカラーを刷新しラファに染まった?現行デザインはアメリカメーカーっぽさとはかけ離れてしまったが個人的にはアリ。

新型の画像がちらほら出てきたけど、いわゆるBMC型の見た目には特徴のないものだった。。

 

Dura aceのホイール

f:id:kyaora55:20190525175356j:image

現行の9100系ホイールだが、マジに使用している人を見ない。

9000系のc50,c35,c24はいずれも人気で未だに見かけるレベルなのに。。

 

とは言ってもワイドリムやフルカーボンクリンチャー、チューブレスといった流行ガン無視で発表された9100系は当初から売れないだろうなーとは思っていた。

C24→ワイドリム化してないのに9000系より若干重量増

C40→実はリムハイト35mmでした。C35と違いあるの?

C60→重すぎ。このリムハイトでカーボンラミネートはあんまり需要ない気が。ヒルクライムしないし。

 

同様にコスパが良いとされたrs81や6800系の後継機も立て続くシマノの値上げで魅力減。

こっちも使っている人をほぼ見かけない惨状。

数年でシマノのホイールは一気にシェアを落としているような気がする。

 

楕円チェーンリング

f:id:kyaora55:20190525180909j:image

以前は定番?の邪道カスタマイズだったがかなり数を減らしたように思う。

これもやっぱりプロで使用している選手がフルームくらいしかいないこと、メーカーがうたうような効果がないんじゃないかということ、変速へのデメリットが大きいことが原因なのかな。

ヴィジュアルに映えるabsoluteBLACKと継続的に新商品をだしているRotorはいまでもそれなりに見かけるが、RIDEAなんかは見かけなくなった。

インナーのみ使用する方式はありなのかな?

逆に邪道カスタマイズの中ではビックプーリーが効果もあって使用者が増えている気がする。

 

カンパニョーロのコンポ

拙者もコーラスのエルゴパワーを使用して、その握り心地や変速の官能性は大変気に入っていたのだが、やっぱりシェアを落としている気がする。

相変わらず非現実的なepsの価格とか、4アームクランクのデザインとかもあるけど、元々少なかった完成車への採用率が壊滅的なことも気になる。

あのデローザすらシマノコンポの完成車を販売するようになったし、アルテグラ対抗モデルのポテンツァもあんまり採用されず、されてもやたら高価だったりで普及には貢献できていない。

12速化で遅れを取っているシマノからシェアを取り返せるか。。と思っていたらsramも無線12速発表でなんだかなー。

以前は第2のコンポメーカーだった気がするが、完全にsramに後塵を拝するようになってしまった。

 

チューブラータイヤ

サドルの下にチューブラータイヤを括り付けてるだけで、速そうに思えたものだ。

最近はめっきり見なくなってしまったな。

レースでの使用率はわからないけど、高価格帯のホイールはカーボンクリンチャーが主流になった影響で日常使いしている人は減ってるんだろうな。

クリンチャータイヤの転がり抵抗の低さが脚光をあびてから各社チューブラータイヤの開発はあんまり力を入れていないのか新製品もそんなにでてこない印象。

あと、やっぱり高いし。

個人的にはサドル下にタイヤを括るスタイルはレーサー感が溢れていてカッコいいと思っている。やらないけど。

 

他にも色々出てきそうだけどとりあえずここまで。

シマノプロのエアロハンドル VIBE AERO SL

Di2への組み換えに合わせてとうとうエアロハンドルに変更した。

せっかくなのでステムもPROに変更。

インプレ記事を見かけないので、記事にしてみようと思う。

 

・アタッチメントについて

拙者が普段ハンドルに装着しているのはフロントライト及びサイコン(ガーミン)。

サイコンについては専用マウントが発売されているので、多分付かないんだろうとは思っていたが、とりあえず現物が届いてから考えようと思っていた。

 

そして初期の構成が↓

f:id:kyaora55:20190303120605j:image

やっぱりガーミン標準のマウントはつきませんでした。

ライトはBB-BOROのものがちょっときついけどつきました。これはよかった。

ガーミンは仕方がないのでステム仮付け。Di2のジャンクションもあるのでちょっとごちゃごちゃ。

実際走ってみるとステム上のサイコンってかなり見辛い。。
f:id:kyaora55:20190303120526j:image

前からの写真。

ハンドルはしっかりエアロしてるなあ。と思う反面、ステム上の物体があると空気抵抗削減とか相殺しているかもしれない。

 

んで、K-EDGEから販売している専用品を発注。

↓だいぶすっきりしました。

f:id:kyaora55:20190303120535j:image

レックマウントからも専用品が出ていたけど、ライトがハンドルにつけられること(→両持である必要がない)、通販ショップのポイントがたまっていたこと、あとK-EDGEのデザインかっこよかったのでこちらに。

それにしてもVibeステムは後ろ側から締める使いかっての悪い仕様にしてまで空力削減をうたっているのに、ステム正面にサイコンがあったら意味ないんじゃないかな。。

 

・剛性

不安になるほど細く、またカーボンという素材。

しかしながら剛性はアルミハンドル以上。

全力でスプリントしてもカッチカチで全くしなりは見られなかった。

所持している3TのアルミハンドルERGONOVA(380mm),ROUTONDO(400mm)より間違いなく剛性はあります。

 

・ハンドル形状

f:id:kyaora55:20190303143113j:image

VibeAeroはドロップ部分が細くなっている。(エアロのため?)

巡行中に握ってみると、なかなかよい。

手に違和感なく収まるというか、素直に手を添えられる。

逆にスプリントのようにもがく場合、握りにくい。

支える、手を添えるような場合は自然だが、強く握るとブレるのだ。

シーズン的に冬用のグローブということもあったので、試しに素手で握ってみてもやっぱり力強くは握りずらいと感じた。

通常のパイプ形状に比べて握りを意識する必要がある。あるいはグリップのよいバーテープに変えてみるのもいいかもしれない。

 

また最初下ハンドルでのダンシングをしたところ、上ハンドル部分が手首に当たってしまった。

これはドロップ部分の形状と、今まで3Tのハンドル(ドロップ部分がハの字のように上部より広がっている)を使い続けてきた拙者の動きの問題だと思われる。

少しスプリント時に肘を広げるようにすれば当たらなくなったが、3Tのデザインは優れているんだなあというのが実感。

 

エアロハンドルに変更したことによる空気抵抗削減は実感としてはまだない。

今後タイムアタックで計測できればと思っている。

マイプロテインのプロテインパンケーキミックスでチーズケーキを作る

チーズケーキが食べたい!

ある日唐突にそう思った瞬間、行動は完了しているんだぜ…

 

f:id:kyaora55:20190218083424j:image

使用した材料は以下の通り

プロテインパンケーキミックス(マイプロテイン) 大さじ4

クリームチーズ 200g

・甘味料(エリスリトールとか)40g

・絹豆腐 120g

・卵🥚2個

・レモン汁 ちょっと

 

せっかくなので低糖質仕様で作ります。

材料はほとんどタンパク質と脂質ですな。

 

チーズは常温に戻します。

豆腐は事前に水抜きしました。

あとは全部混ぜるだけ

f:id:kyaora55:20190218084028j:image

そして炊飯器に投入!

f:id:kyaora55:20190218084057j:image

なかなか熱が通らず、計3回炊飯ボタンを押すことに。。

豆腐の分量が多いのと、パンケーキミックスの量が少なかったのか?あるいは豆腐→ヨーグルトのほうがいいのかしら。次回の課題としましょう。

f:id:kyaora55:20190218084519j:image

出来上がったら冷やして固まるのを待ちます。

f:id:kyaora55:20190218084424j:image

いただきます!

レアチーズっぽい仕上がり。なかなか美味いじゃあないか!

やや豆腐感が強いです。次回はヨーグルトで試してみようかな。

あとパンケーキミックスに甘みがしっかりあるみたいなので甘味料はいらないかなと思います。

 

2019/2/25 追記

ミックスを付属のスプーンすり切り一杯(40gほどだった)、豆腐→ヨーグルトに変更。炊飯ボタン2回でOK。前回よりしっかり固まってGOODでした。

豆腐感が薄れて味はこっちのが良い。

SRAMからSHIMANO改宗しました

etapにzippホイールと拙者はSRAM教に入信していたつもりが、この度SHIMANO教に出戻ることにした。

ここでは深く書かないが、インターマックスが嫌いだ、とだけ。

完全に海外通販で運用していくなら問題はないが、近年の日本への販売規制とショップとの繋がりを考慮して今回の結論に至った。

 

結論として、こんな構成になった。

f:id:kyaora55:20190211125302j:image

vibeステム、vibe aero slハンドル、アルテグラdi2。まさにザ・シマノ

 

しかし昨年1月から約1年でアルテグラ→コーラス→etap→アルテdi2と一周してしまった。酔狂なり。

雪で走りに行けていないので次回に続く

エアロワンピースの効果を検証する

ご無沙汰である。ずいぶんと久々の更新となってしまった。

 

現在拙者は引っ越しにより生活環境が一変。

チーム練習にも参加できなくなりひたすら単独での走行を続けている。

練習もZwift8割、実走2割といった分配となっているが、走っていることには変わりなし。

 

都内から神奈川県に引っ越した。

当初は江の島やヤビツ方面に足を延ばしたりしていたが、ようやく拙者なりの練習コースを見つけることができた。

湘南国際村である。

3km弱、平均勾配5%、最大勾配10%程度。

夏頃からひたすらここを走っていた。

拙者はあまり実走で時間を取れない環境となってしまったので、時間が許す限り数本この登板を繰り返してから家路につくのが定番スタイルとなっている。

 

・エアロワンピースを試してみる

拙者は1着だけエアロワンピースを所有していた。

以前所属していたチームのウェアであるが、使いかってとヴィジュアル的な問題(全身タイツみたいな姿)で押し入れの奥にしまっていた。

湘南国際村のタイムが伸び悩んだある日、ふと思った。

これを着ればタイムも短縮するのでは?と。

 

さっそく押し入れから引っ張り出しテストしてみた。

通常はふつうのサイクルジャージ(ルコックとか)、ふつうのレーパン(パールイズミ)でアタックしている湘南国際村のタイムがどう変わるのか?

サンプル数は少ないが、とりあえず別日程に1本ずつ計2本の結果と、通常装備のタイムまたはパワーが近い結果との比較を記す。

 

<リザルト比較>

ワンピース①:AvP239W タイム7:52

ワンピース②:AvP247W タイム7:42

通常装備①:AvP246W タイム7:51

通常装備②:AvP246W タイム7:47

 

うーん。微妙に出力に対してのタイムがよくなっている??

ワンピ①と通常①で比較すると-7Wでほぼ同タイム、

ワンピ②と通常②で比較すると+1Wで5秒のタイム改善、と思えなくもない。

もちろん天候という最大の外的要因があるので一概にはわからないのだが。。

 

・結論

そこんとこだが俺にもよーわからん。

いろいろあって、拙者当面の目標は富士ヒルクライムゴールド達成としているので、タイム短縮に効果が少しでもあれば採用しようかな、とは思った。

3km弱で5秒改善できるなら富士ヒルの距離ならば、、、と期待できないこともない。

今後エアロヘルメット、エアロハンドルも導入予定(既発注)なのでまた比較してデータをとってみたいと思う。

 

f:id:kyaora55:20181102150936j:plain

 

米国3大メーカーDISCエアロロードざっくり比較

2018ツールドフランスで米国3大メーカーが正式にDISCエアロロードが投入された。

・Specialized Venge

Trek Madone

・Canonndale System Six

各社の(都合の良い)データから空力・重量面で3機種を比較する。

 

①Specialized Venge

・Venge Vias から40km走って8秒の短縮

・9170DuraAceDi2+CLX64(1615g)仕様で約7.1kg

 

Trek Madone

・空力性能は前作と同等

・9170DuraAceDi2+アイオロスDisc6(1600g)仕様で7.4kg

 

③Canonndale System Six

48km/hmadone9比較で-6W、VengeVias -13Wの削減

・9170DuraAceDi2+Hollowgram KNOT64(1624g)仕様で7.7kg

 

以上、なおフレームセットの重量は今回気にしていない。

トータルインテグレーションが進んでいるためフレーム+フォークの重量だけでは比較できないからだ。

 

で、比較のキーは他社エアロロードとの比較をしてくれたSystemSixだ。

これを基準とすると、

①SystemSix対Madone

新型Madoneは旧型からの空力性能は変化なし。

よって(キャノンデールを信じるならば)SystemSixは新型Madoneより空力性能が優れている(48km/h-6W)

 

②SystemSix対Venge

SystemSixはVengeViasより48km/hで13W削減。

新型VengeはVengeViasより40km走って8秒削減。

以前海外の実験結果で42km/hで40km走行時、2W削減で8秒短縮という内容があったので、新型VengeはVengeViasより42km/hで2W削減。

空気抵抗は速度の2乗に比例するというが、物理屋ではないのでこれ以上の正確な比較はできないか。

ただ「42km/hで2W」より「48km/hで13W」のほうが効果大きそう(テキトー)。

よってSystemSixは新型Vengeより優れている、と思う。

 

まとめ

重量:Venge(7.1kg)>Madone(7.4)>SystemSix(7.7)

空力:SystemSix>Venge>Madone (SystemSix-Madone比較48km/h-6W)

Madoneダメじゃん!いや、まだMadoneにはIsoSpeedがあるから。。

 

前世代では他を圧倒していたMadoneだが、ここにきて一気に追いつかれ・追い抜かれ?てしまった印象だ。

そしてSpecializedは頑張った。いろいろ欠点のあったViasの完成度をぐっと高めてきたようだ。

なお今回の比較は、あくまでキャノンデールの言うことをすべて信じるなら、ということだ。

SuperSixEvoの空力の悪さは第三者の調査で判明しているし、実際にはそんなでもなかったよ、という未来が待っているかもしれない。

ちなみにどれに乗りたいかというと、BMCのTimeMachineRoadだったりする。

早いとこ第三者機関で比較記事を書いてくれー!

ヴィットリア ルビノプロスピードと空気圧

ヴィットリアのカタログスペックではコルサよりも転がり抵抗が低く、第三者機関でも評価の高かった「ルビノプロスピード」。

このタイヤを通じていろいろ考えさせられた。

 

使用ホイールはレーシングゼロ。

いわゆるc15、ナローリムバージョン。

 

●初感

体重63kgの拙者(冬場の筋トレで大分増量していた 後ほど記事にしたい)、25cなので何も考えず前後6bar6.5barでセッティング。

重い。。。

期待値が高かったからか、妙に重く感じる。普通の練習用タイヤと同じレベルだろうか?

 

ここで改めてタイヤをチェックしてみる。

 

推奨空気圧「7〜9bar」?

f:id:kyaora55:20180603095459j:image

 

●再度セッティング

推奨空気圧を満たしていない。

またよく調べてみると第三者機関の結果も低い空気圧の場合は他のタイヤに劣る性能であるとあった。

どうりで走りが重いわけだ。

しかし25cで7barか。

最近の傾向は25c低圧セッティングで23cと同じ転がりかつ乗り心地UPなのだが、、とか思いながら前後7barにセッティングし再度テスト。

なお7bar入れて幅は実測25mm。

 

確かに転がりは改善された。

だが乗り心地はよろしくない。まるで23cのようだ。

レーゼロの硬さとタイヤ自体の硬さが悪い方向に働いているようだ。

かといって転がりも他のフラグシップと比較して特別に良いという感じはしない。gp4000s2やシュワルベワンの方が優れているように思えた。硬さと空気圧でタイヤが跳ねるからだ。

それにナローリムと25cの組み合わせ自体が転がりではなく空気抵抗として影響を与えているのかもしれない。

フロントタイヤは明らかにリムより広い。最近はホイールとタイヤの組み合わせによってはタイヤが大きな空気抵抗の要因となり得ることがわかってきている。

そう考えてみるとタイヤ単体の性能は高くても、拙者の体重、レーゼロなどの要因もあって「走るタイヤ」ではないのかもしれない。

 

●評価

あまり良い評価ではないというのが正直なところ。スペックは高いのかもしれないが、

実際に走ると別の評価となってしまう場合もあるということがわかった。

基本的には硬いタイヤであるので、今回は行わなかったが、ラテックスチューブで運用をすれば高圧でも乗り心地は改善するかもしれない。が、拙者が次にヴィットリアをつかうならば、しなやかと評判のコルサだと思う。

 

ナローリムに25c以上は推奨空気圧のチェックが必要だな、というのが今回の教訓。