読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードハッカーズブログ

自転車チーム『ロードハッカーズ』のブログ

2017気になるカーボンクリンチャー

ロードバイク

・zipp454NSW

f:id:kyaora55:20161110175252j:image

zippから新型ホイールzipp454NSWが発表され、予想外のリム形状が話題を集めている。

f:id:kyaora55:20161110175311j:image

このリムなんか見たことあるなーと思ったら、これだった。

f:id:kyaora55:20161110175346j:image

f:id:kyaora55:20161112162456j:image

http://www.fluxoswheels.com/en/

ちなみに上記FLUXOSwheelsはお披露目から未だ詳しい情報は開示されていない。

f:id:kyaora55:20161112162107j:image

みるところマジに黄金長方形からの無限の回転!拗らせすぎだがロマンはzipp454NSWの比ではない。

リム形状は3次元的な設計に進んで行くのだろうか。。

 

454NSWと404NSWは、特徴であるリム内周のノコギリ形状以外の基本設計は同じようだ。

リム幅は27.8mm、内径17.25mm。

454NSWのリム高は53〜58mmで404NSWより低い箇所がある分、30g軽くなっている。

(404NSWは1555g、454NSWは1525g)

zippによると全てのヨー角で404NSWより空力に優れているとのこと。

質量は軽くなったがお値段は3100ドルから4000ドル=40万強へと大幅アップ。

ここまでくるとターゲットはトライアスリートの裕福層なのかな。

エアロの最前線はトライアスロンでありzippである。

 

・フルクラム SPEED40C

 f:id:kyaora55:20161112162911j:image

なかなか出なかったBORAのフルクラム版。

リムハイト40mmは絶妙なラインだ。

重量は1420g、リム幅24.2mm、ハブはUSB。

スペックだけ聞くと魅力的なのだがどうにも購買欲がわかないのはデザインゆえか。

 f:id:kyaora55:20161112163053j:image

あのレースピシリーズをデザインした会社とは思えない垢抜けしないデザイン。。

 

・roval rapid clx32

f:id:kyaora55:20161112163205j:image

 スペシャライズドの新型ホイールはなんと重量1280g!

リム幅28.1mm、内径20.7mm。

旧型のclx40よりも空力に優れチューブレスにも対応、もちろんセラミックハブ搭載のスキがない仕様だ。

割引はほとんど望めないだろうが、定価25万ちょっとで現実的なお値段設定。

スペックだけなら最強か?

 

・ヴィットリア QURANO30C、46C、60C

f:id:kyaora55:20161112164918p:image

TLR対応のヴィットリアシリーズ。

重量はそれぞれ1410g、1510g、1570g。

一番のポイントは、転がり最強と言われるCORSA SPEED TLRとの相性が良さそうということ。

それ以外のスペックはやや見劣りするか。

 

・レイノルズ AERO65

f:id:kyaora55:20161112170350p:image

カーボンクリンチャーといえばレイノルズは外せない。

新型のAERO65はチューブレス対応の65mmリムハイトで1590g。

リム幅は28mm、内径は19mm。

いかにもカーボンらしいデザインはフレームを選ばす似合いそうだ。

なお46mmハイトのモデルはディスクブレーキのみのラインナップ。

将来的にはDB+TL対応が主流になるのかもしれない。。